So-net無料ブログ作成

game 「MOTHER 3」GBAの感想 [game]

MOTHER3 敢えて、詳しく批評することはしたくない。これはこれ的な作品のひとつである。

糸井重里氏のゲームである。MOTHER 1+2 がリリースされたのは遠い昔1989年と1994年。3も当時NINTENDO64と2世代前のハードで、でるでると言われ、開発途中の映像も見た記憶があったが、志半ばに中断、そして、発売中止となっていた。

それから数年、ハードはGBAである。この、3Dグラフィック全盛の時代に敢えて、2D。

MOTHER 1、2をやってきた人で無いと、このテイストにはついてこれないというか、いい意味で、付き合いきれないというか・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

game 「大神 okami」ps2 感想のみ [game]

大神(OKAMI) 豪華絢爛、大感動

久しぶりに感動した。GW’06中つかの間の大冒険である。

百年前、ヤマタノオロチに生きにえをささげていたナカツクニの神木村で、大剣士イザナギと、しらぬいと呼ばれた一匹のオオカミがヤマタノオロチを討伐した伝説があった。しらぬいは13種の筆の術とともに、オロチと戦い、討伐の末、瀕死の重傷を負い絶命し、村に祭られる存在となる。そのオオカミは太陽神、天照大神であった。

ちょうど百年後、何者かによって封印を説かれたオロチが復活し、

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

game 05 NDS 『SUDOKU 数独』  [game]

Puzzle Series Vol.3 SUDOKU 数独 話題のパズル?

2005年、英国のタイムズガーディアンといった新聞に掲載され欧州で話題となったパズルSUDOKUのNDS版である。

昨年PCの無料GAMEAsiteでよく見かけたが、日本発祥(?)ということで、インターフェイスはよくある中国と混同している絵画であって、BGMも中華的であった。

歴史

まあ、それはそれとして、実際は、日本の専門誌、パズル通信ニコリに80年代後期あたりから掲載されており、名前は一般的にはナンバープレイス(ナンプレ)というらしいが、ニコリでは、正式名称、

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

game 04 ps2 ICO+ワンダと巨像 [game]

ICO PlayStation 2 the BestICO:これはartか。

画面に映る絵は、ジョルジョ・デ・キリコのように、人と建物の間に暗く影を落とし、人を不安にさせ、しかし、どこか懐かしく、またその建造物の立体は、マウリッツ・コルネリス・エッシャーのように、頭を悩ませるパズルである。

主人公は、とらわれの身になっている、少女と手をつなぎ、城の主から逃れ、パズルな城からの脱出を図る。それ以上に詳しくは語られることがない

多くを語られない設定に、プレイヤーは恋心、勇気、怒り、切なさを感じ、頭の中で、物語を創造する。

ICO  -霧の城-想像・創作・妄想?

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

game 02 ps2 siren+siren2 [game]


SIREN2  今一番怖いホラー

『日本近海の離島「夜見島」。

29年前、一夜にして無人島になった、廃墟の島。

島民たちはどこへ。 謎は解かれぬまま、月日だけが流れる。

そして現代。何かに導かれるように、島を目指す人々。

深夜0:00。サイレンが島を覆い、惨劇の夜が蘇る。』

おそらく、ビジュアル的に体感できる分、ジャンルを超えて、今一番怖いホラーであろう

PLAYレビュー

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

game 03 NDS マリオカートDS [game]


マリオカートDSマリオ関連定番中の定番 マリオカートDS SFC時代から、マリオものの定番としてのGAMEが、64、GC、GBについで、NDSにも登場した。新作16と、旧作から集めた16の全32コース。キャラは。マリオ関連キャラで、今自分で出せているだけで、12名。それぞれ、固有の3種のカート(結局全キャラのカートも使用可)。

タッチパネル

NDSなので、上下分割2画面となるが、上段は通常のレース画面で、下段のタッチパネルのほうは近景、遠景選択のレーダーになる。せっかくの2画面なので、期待はしたが、GAMEの性格上仕方なしか。ただ、戦況によって使い分る近景と遠景を指一本でチェンジできることは結構便利で特筆すべきところである。

WIFI対戦・通信対戦・タイムアタック

今回の売りは、なんと言っても、通信、WIFI対戦であろう。ここ最近のGAMEは、NETと

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

game 01 NDS もっと脳トレ [game]

 流行には勝てません。今更ながら、現在、NDSの東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニングにはまった。今日で、12日目

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング

 本日の脳年齢は26歳。どうも、マイクを使う、後出しじゃんけんに苦戦。CMでやってるやつですね。グー、あっチョキ、みたいな。
 それに反して、漢字や四字熟語の正答率の高さは、受験戦争を経験した遺産なのか。でも、四字熟語は、意味がわからず正解してしまうのは、消化不良を感じる。ただ、後で、調べればいいだけのことか・・・。

 年齢判定NO SOUNDでは、22歳まで行ったが・・・。二十歳までもうちょい。がんばれ俺。

 まあ、年を取れば取るほど、実年齢よりも若いとうれしいもの。これだけ、このソフトが売れるのも、みんな若さに対して、何か感じるものがあるってことですね。昨今アンチエイジングという言葉があるが、まさに、よる年波に抗うように、脳トレ脳トレの日々。

 しかし、若くなることだけが目的となって、だから何だって感じ。その先に何かを見つけないと、せっかくの脳トレがもったいない。

 そんな、青臭い考えに陥っている事が、すでに、若返っていく脳トレの成果なのか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。